中期経営計画策定のための総合的な基礎情報収集

依頼者

電子部品メーカーD社経営企画部

調査内容

  • マクロ環境分析のためのデータ
  • 自社製品・材料の市場環境、技術情報
  • 自社製品の外部環境(クライアント業界情報、海外市場、最終製品市場、仕入先の業界、他業界の情報)

調査の背景

  • D社では、次年度から始まる新3カ年計画の策定を行っており、そのための情報収集を任されている
  • 同社の製品分野は非常に広く、全事業領域に影響するマクロ経済動向はもとより、各製品分野市場の動向、今後の予測についても幅広く調査しなければならない
  • すでに押さえている情報以外に、きちんと把握しきれていないものも数多くある
  • 現在必要と考えられる情報すべてを集め、さらに効率的な活用に関するアドバイスも求めたい

MDB利用のポイント

目的は明確でも、それに対してどのようなデータを優先的に集めたらよいのかは意外と迷うもの
ご担当者は当初マクロ環境(景気、企業の設備投資動向、金利・レートなど)、および自社製品に直接関わる資料の収集にばかり意識が向かっていました。しかし、MDB情報コンサルタントとのディスカッションで、関連する材料(川上)の市場、販売先の業況、あるいは他業界の情報なども必要だということに気づき、それらを加えて幅広く情報を収集されました。
JMA Research Institute Inc ©JMA Research Institute Inc. All Right Reserved