MDBロゴ Please visit our website →https://mdb-biz.jmar.co.jp
HOME > 提供データ例 > アジア現地通信 > 記事詳細
マーケティング・データ・バンクの提供データ例

アジア現地通信

何でもマッチングするタイのLINEサービス「LINE MAN」

 世界に2億1,000万人以上の利用者を持つスマホアプリLINE。特に日本、台湾、インドネシア、タイで多くの利用者によって支持されている。コミュニケーションツールとしての役割の他に、利用者のニーズに合わせたサービスが提供されているが、各国のマーケットやニーズによって展開されているサービスは異なっている。タイでは全国民の83%がLINE利用者でLINEの付加サービス利用率が高く、日本にはないユニークなサービスが提供されている。
 タイには日本のように個人情報保護法はなく、そのため日本にはない独特なサービスを生み、多くの利用者に支持されている。
 生活者の個人情報保護に関する意識も低いためマッチングサービスは日本より柔軟に受け入れられている。特に話題なのが、行えることは無限と宣伝されているマッチングサービスの「LINE MAN」である。
 たとえば、フードデリバリーサービスについて、デリバリーサービスを提供している店舗のメニューをオーダーすることができるのは何処の国も同じだが、デリバリーをしていない店舗についてもLINE MANなら、デリバリーしてくれる人にオーダーし、食べたい時に食べたい場所で入手する事が可能となる。LINE MANはマッチングアプリとしてタイの最大手グルメサイトWongnaiと提携しサイト内のすべてのメニュー約10,000点が配達可能となっている。
 その他、コンビニで買い物をして自宅まで届けて欲しい、好きなレストランの料理を買って届けて欲しい、限定品を手に入れたいので列に長時間並んで欲しいといった様々な要望についても、手の空いている人をマッチングさせ実現させるサービスとなっている。
 さらに利用者の発案によってレンタル書籍やDVDの返却が難しい時にLINE MANで返却をするといったサービスが生まれている。多くのサービスへの応用が可能で、LINE MAN自体が顧客のニーズに合わせてサービスが成長している点は興味深い。
 一般的には商品の購入などにより嗜好や個人情報をマッチングされた人に知られることや、配達される食品の安全などを危惧しがちだが、タイでは事件性が伴うような事故は報告されていない。
 更にタクシー配車アプリもLINE MANとして2018年よりスタートするなど、LINE MANブランドとしてさらに多くのサービスが展開されている。多くの消費者がLINE MANアプリを理解しており、今後も様々な新しいマッチング・シェアビジネスがLINE MANブランドとして登場しそうである。

[企業概要]
企業名 :LINE Company (Thailand) Limited
住所: 127 Gaysorn Tower, 17th Floor, Ratchadamri Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330
URL:https://linecorp.com/th/

最新セミナー情報 閲覧室無料体験会のお申込みはこちら
(C) JMA Research Institute Inc.(https://www.jmar.co.jp) All rights reserved.