【MDB東京主催】

~既存事業の価値最大化と新たな成長の柱の創出を考える~

技術・強みを核にした、事業企画/開発の進め方 (金沢開催)

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフコンサルタント 山中 淳一

株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部コンサルティングサービス部 菊池 健司
日時 2017年9月29日(金)13:45~16:45(13:30受付開始)
会場 金沢商工会議所 大会議室
金沢市尾山町9-13
JR金沢駅よりバス10分
募集定員 100名様
(申込み多数の場合、抽選とさせていただきます)
申込期限 2017年9月20日(水)
抽選結果ご連絡 2017年9月22日(金)
プログラム ~ 既存事業の価値最大化と新たな成長の柱の創出を考える ~
技術・強みを核にした、事業企画/開発の進め方
(1)新規事業企画・開発の現状
・新規事業企画・開発の悩み、問題点
・企画・開発担当者の役割
・既存事業価値最大化と新たな成長の柱の創出
(2)技術・強みを核にした事業展開の進め方
・新商品・事業創造の2つの方向性
・市場重視型新商品開発について
・技術先行型新商品開発(技術の用途開発)とは何か
(3)既存事業の価値最大化へ向けて
 ・事業企画・開発振り返りの重要性
 ・企画・開発プロセスの構築ポイント
・他社活動事例
(4)新たな成長の柱の創出へ向けて
 ・新たな価値の創造を考える
 ・価値検討プロセスの構築ポイント
 ・他社活動事例

商品開発・事業展開を「成功」させるための情報収集手法と思考法
(1)知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド
 ・今最も注目されているビジネステーマとは
 ・BtoBの視点、BtoCの視点
 ・知っておきたい「世の中」の流れ
(2)意外に知られていない情報収集手法  
 ・なかなか学ぶ機会がない情報収集の考え方
 ・情報収集活動には確固たるセオリーが存在する
 ・最も注視すべきは何か?
 ・主な情報源の特徴
(3)商品開発・事業展開を成功させるために知っておきたいこと
 ・「成長産業」をたぐり寄せるという発想
 ・「未来予測」には素材が必要
 ・「感覚」を研ぎ澄ますための工夫
 ・優劣が分かれる代表的なポイントとは
 ・MDBユーザーの取組事例のご紹介
(4)MDB情報コンサルタントがお勧めする参考情報源のご紹介

 

本セミナーは終了いたしました。
多数の方のご参加ありがとうございました。

今後のセミナーはこちらからご覧ください。

マーケティング・データ・バンク<東京> 営業推進部
E-mail:mdb_info@jmar.co.jp