【MDB大阪主催】

~ 情報を起点とした新製品・サービス創出の2つのアプローチ~

【大阪開催】市場情報と特許情報を融合した新事業開発の考え方

講師 【第1部】
菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 コンサルティングサービス部 部長
 
【第2部】
野崎 篤志 
株式会社イーパテント
代表取締役 知財情報コンサルタント

日時 2017年12月18日(月)14:00~16:30(13:30受付開始)
会場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール
(大阪市西区土佐堀1-5-6)
http://www.osakaymca.jp/bunka/access/

募集定員 150名様
(申込み多数の場合、抽選とさせていただきます)
申込期限 2017年12月11日(月)
抽選結果ご連絡 2017年12月12日(火)
プログラム 【第1部】
1. 意外に知られていない市場情報の種類と収集法
2. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド
3. 新規事業を成功させる「大切な考え方」
4. MDB情報コンサルタント特選!「お勧め情報源のご紹介」

【第2部】
1. 知っておきたい新規事業開発に使える特許情報の特徴
2. 新規事業開発のタイプと市場情報・特許情報の使い分け
3. 保有技術をベースとした新規事業開発の考え方
4. 市場情報・特許情報を融合した新規事業開発の仮想事例




〈講師略歴〉
-----------------------------------------------------------
【第1部】
菊池 健司
1990年日本能率協会総合研究所入社、マーケティング・データ・バンク(MDB)所属。民間企業、官公庁、独立行政法人、大学、自治体等からの要請に応じ、公開情報を中心とした情報提供に携わっている。情報収集手法に関する個別企業・団体へのアドバイスや各地での講演活動を多数行っている。近年、新規事業・ビジネスプラン策定に関する民間企業からの相談に対し、個別に支援を行うケースが急増している。

◆講演実績
・業界団体向けセミナー
機能性フィルム研究会
九州経済調査協会
日本私立大学連盟他
・その他
日経ビジネス主催セミナー
東洋経済新報社主催セミナー


【第2部】
野崎 篤志
日本技術貿易株式会社 IP総研コンサルティングソリューションGのマネージャーを経て、ランドンIPの日本オフィス立上げ時に参画。シニアディレクター(日本事業統括部長)として同社の業績拡大、ブランド構築に貢献。2017年5月、株式会社イーパテントを設立し、代表取締役に就任。

・東京理科大学大学院 イノベーション研究科 非常勤講師
・K.I.T.虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員准教授
----------------------------------------------------------


 

本セミナーは申込を締め切りました。
多数の方のお申込ありがとうございました。
また、キャンセル等により余席のある場合がございますので
キャンセル待ちご希望の方は下記までEメールでお問合せください。


マーケティング・データ・バンク<大阪> 営業推進部
E-mail:mdbosaka-info@jmar.co.jp