MDBロゴ Please visit our website →https://mdb-biz.jmar.co.jp
HOME > ニュース&トピックス > MDBコラム > 今月の注目データ:2020年12月
ニュース&トピックス

今月の注目データ:2020年12月
2022年末まで新型コロナウイルス感染終息前提 世界経済成長率は2020年-4.4%、21年5.2%へ


2020年12月1日

WORLD ECONOMIC OUTLOOK IMF 2020.10.13

 国際通貨基金(IMF)は10月13日発表した世界経済見通しで、2020年の世界全体の実質成長率をマイナス4.4%と予測し、6月時点の見通しから0.8ポイント上方修正しました。一方で2021年の成長率は、0.2ポイント下方修正し、5.2%としています。新型コロナウイルスの感染拡大で感染予防策による経済的な影響が長引くと分析しました。今回の見通しは、2021年にワクチンの普及が進み、2022年末までに新型コロナウイルスの感染が世界的にほぼ終息することを前提としています。IMFは景気後退は依然として深刻だと指摘し、感染再拡大や、観光業などの需要低迷の長期化、金融市場の混乱などで見通しは悪化するリスクが大きいと強調しています。
 米国では、Pfizer社、Moderna社が米食品医薬局(FDA)に新型コロナウイルスワクチンの緊急使用許可の申請を行いました。2020年内に接種が始まると見られています。日本向けにも2021年にも供給される見込みですが、早急な対応が待ち望まれています。


【MDBコラム一覧(TOP)へ戻る】

最新セミナー情報 閲覧室無料体験会のお申込みはこちら
(C) JMA Research Institute Inc.(https://www.jmar.co.jp) All rights reserved.