MDB有望市場予測レポート
「世界の樹脂3Dプリンタ」を公開

株式会社日本能率協会総合研究所 マーケティング・データ・バンクは、MDB Digital Searchの「MDB有望市場予測レポート」シリーズにて、世界の樹脂3Dプリンタ市場を調査し、市場規模を推計しました。

■樹脂3Dプリンタ市場概況


  • 2026年度の樹脂3Dプリンタ世界市場は1,430億円となる見込み
  • 樹脂3Dプリンタとは、3次元の設計データをもとに樹脂材料を1層ずつ積み上げる積層造形技術によって立体物を造形する装置
  • 複雑な形状も造形可能で、金型が不要のため開発期間の短縮、コスト削減につなげられる
  • 多品種少量生産に適し、航空宇宙や自動車、医療分野での活用が進んでいる
  • 材料・装置開発の進展、造形精度の向上により利用が増加し、市場は今後も拡大の見込み

 

樹脂3Dプリンタとは、3次元の設計データをもとに樹脂材料を1層ずつ積み上げる積層造形技術によって立体物を造形する装置です。複雑な形状であっても造形が可能で、他の加工工法では複数の装置による追加加工が必要となるような形状でも、樹脂3Dプリンタであれば1台の装置で一貫して造形することが可能となります。金型が不要であるため、開発期間の短縮、コスト削減につなげられること、修正の際も設計データの修正さえすれば比較的容易に造形し直すことができるといったメリットがあります。ただし、樹脂3Dプリンタは造形スピードが遅いというデメリットがあり大量生産には向かないため、試作品の製作など多品種少量生産での活用が中心となっています。

樹脂3Dプリンタの造形方式は1980年代にすでに発明されていましたが、市場は2013年以降に形成され始めました。2013年に米国のオバマ大統領(当時)が一般教書演説において3Dプリンタの活用を表明したこと、積層造形技術の特許切れにより大手プリンタメーカーなどが相次いで参入したことなどから3Dプリンタが注目され、製造業を中心に活用が広まりました。

その後、材料開発の進展、装置改良による造形の精度の向上などを要因に利用が拡大し、特に航空宇宙や自動車、医療といった分野での活用が進んでいます。航空宇宙や自動車の分野では、試作品の製作が中心ですが、最終製品の製作で活用されることもあります。医療分野では、個人差の大きい人体の各部位の形状を再現する必要性から、多品種生産を得意とする樹脂3Dプリンタが、義歯、歯科インプラント、手術ガイド、手術練習用の臓器などの製作に利用されています。

今後も、材料・装置開発の進展や造形精度の向上を背景に、樹脂3Dプリンタで造形できるパーツの種類やユーザー層が広がることで、市場拡大が見込まれます。

本調査では樹脂3Dプリンタの装置本体を対象とし、世界におけるメーカーの出荷金額を対象に市場規模を推計しました。

本調査結果の詳細は、JMAR が提供するリサーチプラットフォーム MDB Digital Searchに同レポートを収録し、ご提供しております。

 MDB有望市場予測レポートシリーズは、今後、成長が期待できる有望・注目製品/サービス/市場について、MDBが独自取材を実施し、取りまとめたオリジナルレポートになります。MDB有望市場予測レポートの概要はこちらをご覧ください。MDB Digital Searchをご利用いただくとすべての有望市場予測レポートがご覧いただけます。

 

<レポートの構成(計8ページ)>

1. 調査対象市場定義

2. 主要参入企業一覧

3. 市場規模・予測

4. 価格動向

5. マーケットシェア

6. 主要参入企業動向

7. 業界構造・ビジネスモデル

8. ユーザー動向
MDB Digital Search
提供サービス03

本レポート内容やMDBサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

※会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。Gmail等、フリーアドレスは使用できません。

日中つながりやすい番号をご入力ください。

個人情報の取り扱いについて】
●利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
-閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-当社が運営管理するWebサイトにおける入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
-セッション管理のためのCookie情報
利用目的:
-当社のサービス、セミナーなどのイベント・キャンペーン、アンケートなどの情報提供とお問い合わせ対応に利用いたします。
-当社の製品サービスの案内について当社からの連絡やニュースレター配信等の営業活動のために利用いたします。

●個人情報の開示等
個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去又は第三者提供の停止を申し出ることができます。申請された場合は、申請者がご本人であることを確認させていただいた上で、迅速かつ的確に対応し、その結果を本人に通知致します。下記URLで提供している「開示対象個人情報」開示等請求申請書を用いるか、お問い合わせ窓口まで、お申し出ください。
URL: http://www.jmar.co.jp/policy/index.html

お問合せ窓口
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 個人情報相談窓口
TEL:03-3434-6282

●個人情報提供の任意性
フォームの各項目への入力は任意ですが、未入力の項目がある場合、お問い合わせへの回答ができない場合がございます。

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 管理本部長
TEL:03-3434-6282
アップロードしています。少々お待ちください。