▼MDBメンバーの方はこちらからお申込みください▼
※人数制限なし※
▼MDBメンバー外の方はこちらからエントリーください▼

技術にまみれた」時代の
ビジネスモデル構築・マネタイズの方法
~時代に対応した技術用途開発を成功に導く鍵~

旧来の用途開発は自社の保有技術の強み・特徴の棚卸しを行い、ビジネスチャンス分析と掛け合わせて、
新製品・新サービスの企画構想をまとめるところまでがゴールでした。ところが、今日では「技術のコモディティ化」が進展した結果、画期的な企画ができたとしても、十分な収益化が困難となっています。
「技術にまみれた時代」を乗越えて、収益事業とするための成功の鍵について、解説いたします。

プログラム(予定)

「技術にまみれた」時代のビジネスモデル構築・マネタイズの方法
~時代に対応した技術用途開発を成功に導く鍵~
1.かつて人類が経験したことのない、「技術にまみれた時代」
 -技術のコモディティ化とは
 -高難易度品≠高付加価値品の時代へ

2.保有技術の用途開発のステップ
 -従来の用途開発のステップは「新製品・新サービス企画」まで
 -これからの用途開発は+「ビジネスモデル~マネタイズ方法検討」

3. ビジネスモデルの検討ステップと成功の鍵
 -ビジネスモデルの検討ステップ
 -ビジネスモデル検討における成功の鍵とは

4. マネタイズ方法検討のポイント
 -顧客の立場で「正味プロフィット増」を考える

5. 支援プログラムのご案内


セミナー概要

開催日程  LIVE  :2024年8月29日(木) 14:00 ~ (約70分) @Zoom配信
      録画配信:2024年9月5日(木) 10:00 ~ 9月12日(木) 16:00  @YouTube配信


申込締切  8月20日(火)  ※LIVE・録画配信ともに

参加証配信 8月20日(火)  ※LIVE・録画配信ともに

定員    500名 ※応募多数の場合、抽選とさせていただきます。
          ※MDBメンバーの場合、定員はございません。

参加費   無料

お問合わせ 株式会社日本能率協会総合研究所 MDBセミナー事務局
      TEL:03-6435-6906 Email :mdb_info@jmar.co.jp
      セミナーコード:20240719-1

注意事項  同業他社のご参加はご遠慮いただく場合がございます。

▼MDBメンバーの方はこちらからお申込みください▼
※人数制限なし※
▼MDBメンバー外の方はこちらからエントリーください▼

講師

株式会社日本能率協会コンサルティング 
R&Dコンサルティング事業本部 技術戦略センター
チーフコンサルタント 
山中 淳一 氏

ものづくり企業において、新規事業創出、特に技術・強みを核にした事業化を進めるべく、コンサルティングと研修(人材育成)の両面から支援をしている。
保有技術の棚卸・評価による有望技術の選定、顧客価値の洞察をふまえた技術の用途探索、ビジネスプランの策定・実行まで一気通貫で伴走支援が可能。近年は、R&D部門のDX化(AIツール活用)にも取り組んでいる。

ビジネスに必要なデータ収集で
お悩みの方は、お気軽にご相談ください

サービス内容に関するお問い合わせはこちら