健康ニーズ基本調査2021

健康マーケティングのバイブルとして、毎年多くの企業に支持されている時系列データベースです。10代〜70代男女の“健康ニーズ”について、価値観・意識と行動実態を探ります。食品・栄養素・健康食品素材・サプリメント約400項目、症状と健康意識・情報源・健康キーワードを網羅しています。2021年では“機能性表示食品”“トクホ”などの健康表示を検証します。
また、続くコロナ禍による生活者の健康状態や意識、生活行動の変化を捉えます。

ご興味・ご関心をお持ちいただきました方は、ぜひフォームより無料レポートをお申し込みください。

【調査の内容】※詳細は無料レポートをお申込みください。

1)健康に関する食品・栄養素・症状・健康キーワードなど幅広く網羅
健康のために食べる食品・飲料・栄養素・サプリメント約400アイテム、体調・体型・病気等の症状約100項目と、健康意識・情報源・健康キーワードを網羅して聞いたデータベースです。

2)24年間の時系列データベース
1998年~2021年最新調査に渡る24年間のデータを蓄積しています。
毎年各社のマーケターが定点観測に利用している、健康マーケティングのための定番調査です。特定の属性や項目の変化を捉える、オーダーメイド時系列集計のご対応なども可能です。

3)男女の差・加齢に伴う変化を多面的に検証
15歳~79歳の幅広い年代の男女を対象に健康について調査、性・年代別に分析します。
男性・女性特有の差や、加齢に伴う身体の変化、ライフステージによる変化が分かります。

4)健康表示(「機能性表示食品」「トクホ」)の認知・摂取意向実態
健康マーケットをリードしてきた《特定保健用食品》/2015年始動の《機能性表示食品》について、認知・摂取の実態を調査します。
隔年の設問項目となり、2015年・2017年・2019年・2021年とで時系列比較できます。

5)続くコロナ禍、生活者の健康ニーズの変化を把握
2019年⇒2020年⇒2021年、コロナ禍によって《変化したこと》は継続しているのか、
また《新たに変化したこと》《変化しない・元に戻ったこと》を検証します。

【調査概要】
調査名:健康ニーズ基本調査2021
調査期間:2021年 9月 16日(木) ~ 2021年 9月30日(木)
調査対象 : 日本能率協会総合研究所が保有する「モニターリサーチ・システム」
(一都三県に居住する 15~79 歳までの男女)
調査方法:郵送調査及び FAX 調査
回答者数:1,391 名(配布数 2,300 名、回収率 60.5%)
     性別・年齢・エリアの母集団人口構成比に基づきウェイトバック集計を実施






下記フォームにご記入ください(1分)
勤務先の都道府県を選択ください。
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。Gmail等、フリーアドレスは使用できません。
日中つながりやすい番号をご入力ください。
個人情報の取り扱いについて】
●利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
-閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-当社が運営管理するWebサイトにおける入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
-セッション管理のためのCookie情報
利用目的:
-当社のサービス、セミナーなどのイベント・キャンペーン、アンケートなどの情報提供とお問い合わせ対応に利用いたします。
-当社の製品サービスの案内について当社からの連絡やニュースレター配信等の営業活動のために利用いたします。

●個人情報の開示等
個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去又は第三者提供の停止を申し出ることができます。申請された場合は、申請者がご本人であることを確認させていただいた上で、迅速かつ的確に対応し、その結果を本人に通知致します。下記URLで提供している「開示対象個人情報」開示等請求申請書を用いるか、お問い合わせ窓口まで、お申し出ください。
URL: http://www.jmar.co.jp/policy/index.html

お問合せ窓口
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 個人情報相談窓口
TEL:03-3434-6282

●個人情報提供の任意性
フォームの各項目への入力は任意ですが、未入力の項目がある場合、お問い合わせへの回答ができない場合がございます。

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 コーポレート本部長
TEL:03-3434-6282
※フォーム入力後、担当者より資料送付いたします。