MDB有望市場予測レポート「QR コード決済」を公開

MDB Digital Searchの「MDBコンテンツ」としてご好評いただいている「MDB有望市場予測レポート」で、QR コード決済市場を調査し、市場規模を推計しました。
QRコード決裁


■QR コード決済市場概況


・2023 年の国内の QR コード決済市場は約8兆円
・中国を中心とした訪日外国人対応により導入店が増加
・2020 年の東京五輪によるインバウンド需要、政府のキャッシュレス推進方針が市場を後押し
・Origami のほか、LINE や楽天、NTTドコモといった大規模企業が参入


 

 QRコード決済は2016年より中国で急速に普及したことで注目を集めている決済手法です。中国でQRコード決済が急速に普及した要因としては、偽札の存在により現金の信用が低いことや、スマートフォンの普及、中国で広く利用されている「WeChat」や「Alipay」などのツールでQR コード決済機能が実装されたことなどが挙げられます。中国の都市部では、QR コード決済が利用できないと生活ができないと言われる程、浸透しています。 

 FelicaやNFCを用いた非接触型決済と比較するとQRコード決済は、システム導入の負担が少なく、決済手数料が低く抑えられています。Felica やNFCを搭載していない端末でも利用可能なことなどにより、導入がしやすい決済システムで す。中国を中心としたインバウンド消費に対応でき、ユーザーのインターネットサービスのアカウントをベースとした決済になるためリアル店舗でもオンラインショップでも同一のIDで管理可能です。また、ユーザー情報に紐づいたキャンペーン展開、クーポン等の販促展開が可能といった利点があり、導入店舗が増加しています。

 本調査では、QRコード決済の国内の市場規模を推計いたしました。本調査結果の詳細は、JMAR が提供するリサーチプラットフォーム MDB Digital Searchに同レポートを収録し、ご提供しております。

 

 MDB有望市場予測レポートシリーズは、今後、成長が期待できる有望・注目製品/サービス/市場について、MDBが独自取材を実施し、取りまとめたオリジナルレポートになります。MDB有望市場予測レポートの概要はこちらをご覧ください。MDB Digital Searchをご利用いただくとすべての有望市場予測レポートがご覧いただけます。

 

<レポートの構成(計6ページ)>

1. 調査対象市場定義

2. 主要参入企業一覧

3. 市場規模・予測

4. 主要参入企業動向

5. 業界構造・ビジネスモデル

6. ユーザー動向
MDB Digital Search
提供サービス03
サービス資料請求、MDB有望市場予測レポートについてお気軽にお問合せください。