MDB有望市場予測レポート「人工肉」を公開

MDB Digital Searchの「MDBコンテンツ」としてご好評いただいている「MDB有望市場予測レポート」で、人工肉を調査し、市場規模を推計しました。
人工肉_市場規模


■人工肉市場概況


・2023年度の世界の人工肉市場は約1500億円。
・人工肉は、畜肉の代替品として、食感、風味、外観などを人工的に再現した加工食品。
  主原料が植物由来の人工肉と動物の細胞を培養した培養肉がある。
・欧米では、健康志向の高まりから植物性食品の需要が拡大、本物の肉により近い製品の発売が活発化。
・食料不足・環境問題の解決に役立つ技術として世界的に関心を集め、培養肉の分野には実用化に向け
  多数のベンチャーが参入。


 

 人工肉は畜産物の食肉に代わる製品として、本物の肉の食感、風味、外観などを人工的に再現した加工食品です。 豆などの植物由来の主原料を使用して作る「人工肉」と、動物の細胞を培養して作る「培養肉」に大別できます。古くから 粒状大豆タンパク(大豆ミート)やグルテンミートといった製品が、ハンバーグなどに使う肉の代用品として利用されてきましたが、人工肉は畜肉の風味や外観まで再現する製品であり、従来の肉の代用品とは異なります。

 人工肉は、大豆やエンドウ豆、キノコなどの植物性タンパク質を主原料として本物の肉を再現し、それらを使用したハンバーガーパテ、チキンナゲット、ソーセージ、あるいは、ピザやブリトーなど様々な製品が販売されています。技術開発により、本物の肉と区別がつかない外観や風味が再現されつつあります。

  培養肉は、牛などの動物の幹細胞を培養することによって、食中毒や感染症のリスクを低減でき、畜産物に比べ環境負荷が小さいといったメリットからクリーンミートとも呼ばれ、商用化には至っていませんが、食糧不足や環境問題の解決につながる技術として注目を集めています。

 肉の代用品の市場は、ベジタリアンの増加、健康志向の高まり、ダイエット食品の需要拡大を背景に、全体的に堅調な推移が続くとみられています。植物性食品の需要が拡大していることを受けて、米国のベンチャーや大手食品企業を中心に参入が増加し、人工肉市場が活性化しています。現在は欧米を中心とする市場ですが、今後、中国をはじめとするアジア地域の需要が伸びるとみられます。日本でも外食や中食業界で肉の代用品に対する関心が高まっており、人工肉を使用した製品も増加が見込まれています。

  本調査では、人工肉の世界の市場規模を推計いたしました。本調査結果の詳細は、JMAR が提供するリサーチプラットフォーム MDB Digital Searchに同レポートを収録し、ご提供しております。

 

 MDB有望市場予測レポートシリーズは、今後、成長が期待できる有望・注目製品/サービス/市場について、MDBが独自取材を実施し、取りまとめたオリジナルレポートになります。MDB有望市場予測レポートの概要はこちらをご覧ください。MDB Digital Searchをご利用いただくとすべての有望市場予測レポートがご覧いただけます。

 

<レポートの構成(計8ページ)>

1. 調査対象市場定義

2. 主要参入企業一覧

3. 市場規模・予測

4. マーケットシェア/主要参入企業動向

5. 業界構造・販売チャネル

6. ユーザー動向


MDB Digital Search
提供サービス03
本レポート内容やMDBサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

※会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。Gmail等、フリーアドレスは使用できません。

日中つながりやすい番号をご入力ください。

個人情報の取り扱いについて】
●利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
-閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-当社が運営管理するWebサイトにおける入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
-セッション管理のためのCookie情報
利用目的:
-当社のサービス、セミナーなどのイベント・キャンペーン、アンケートなどの情報提供とお問い合わせ対応に利用いたします。
-当社の製品サービスの案内について当社からの連絡やニュースレター配信等の営業活動のために利用いたします。

●個人情報の開示等
個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去又は第三者提供の停止を申し出ることができます。申請された場合は、申請者がご本人であることを確認させていただいた上で、迅速かつ的確に対応し、その結果を本人に通知致します。下記URLで提供している「開示対象個人情報」開示等請求申請書を用いるか、お問い合わせ窓口まで、お申し出ください。
URL: http://www.jmar.co.jp/policy/index.html

お問合せ窓口
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 個人情報相談窓口
TEL:03-3434-6282

●個人情報提供の任意性
フォームの各項目への入力は任意ですが、未入力の項目がある場合、お問い合わせへの回答ができない場合がございます。

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 管理本部長
TEL:03-3434-6282
アップロードしています。少々お待ちください。