MDB有望市場予測レポート「オーディオブック配信サービス」を公開

MDB Digital Searchの「MDBコンテンツ」としてご好評いただいている「MDB有望市場予測レポート」で、オーディオブック市場を調査し、市場規模を推計しました。


■オーディオブック市場概況


・2024年度のオーディオブック市場は約260億円。
・本調査のオーディオブックは、声優やナレーターが朗読した書籍、講演・話芸などをコンテンツ化し、音声データ自体を商品としてWebで提供 しているサービス。
・書籍の代替として目を休めながら時間を有効活用でき、スマートフォンの普及とともに市場が形成される。
・利用者の過半数が、電車内、自動車の運転中など移動中に使用。サービス認知度の向上、提供コンテンツの充実化により、市場規模は拡大する見通し。


 

 声優やナレーターが朗読した書籍、講演・話芸などをコンテンツ化し、音声データ自体を商品とした音声コンテンツは、 CD などのパッケージで販売される商品などがありますが、本調査ではWeb上で提供しているサービスを対象としていま す。

 オーディオブックは、オトバンクの2007年に始めたオンラインストアが国内では先駆けとみられ、2011年以降スマートフォンの普及とともに市場が形成されました。Amazon.comの子会社 Audibleが2015年に日本市場へ参入したことによ り市場が活性化しています。オーディオブックは、オーディオブックの専業事業者からの提供か、電子書籍販売の一形態としての提供かの2パターンとなります。サービス提供方法には都度課金型と定額制のものがあります。出版社や声優事務所などが独自にコンテンツを制作・販売しているものもありますが、ごく一部です。

 紙の書籍・電子書籍の代替手段として目を休めながら時間を有効活用できることが支持されているほか、声優によるナレーションや、落語・講談といった話芸など、音声ならではのコンテンツとして人気を集めている作品も多数あります。 若年層からの支持が厚い人気声優を活用した朗読コンテンツや、中高年層からの支持が厚い講演会など、コンテンツの多様性から幅広い年代で利用されています。その中でも特に30 歳代から 40歳代の利用が特に多い状況です。また、利用者の過半数が移動中に利用しており、三大都市圏では通勤時の電車内で、三大都市圏以外では自動車の運転中での利用が多くなっています。今後、サービス認知度の向上、提供コンテンツの充実化により、市場規模は拡大する見通しです。

 本調査では、オーディオブックの市場規模を推計いたしました。本調査結果の詳細は、JMAR が提供するリサーチプラットフォーム MDB Digital Searchに同レポートを収録し、ご提供しております。

 

 MDB有望市場予測レポートシリーズは、今後、成長が期待できる有望・注目製品/サービス/市場について、MDBが独自取材を実施し、取りまとめたオリジナルレポートになります。MDB有望市場予測レポートの概要はこちらをご覧ください。MDB Digital Searchをご利用いただくとすべての有望市場予測レポートがご覧いただけます。

<レポートの構成(計5ページ)>

1. 調査対象市場定義

2. 主要参入企業一覧

3. 市場規模・予測

4. 主要参入企業動向

5. 業界構造・ビジネスモデル

6. ユーザー動向
MDB Digital Search
提供サービス03
サービス資料請求、MDB有望市場予測レポートについてお気軽にお問合せください。