MDB有望市場予測レポート「業務用掃除ロボット」を公開

MDB Digital Searchの「MDBコンテンツ」としてご好評いただいている「MDB有望市場予測レポート」で、業務用掃除ロボット市場を調査し、市場規模を推計しました。

■業務用掃除ロボット市場概況


・2024年度の業務用掃除ロボット市場は約150億円。
・業務用掃除ロボットは、家庭用に比べ筐体が頑丈で収集できるごみ容量が大きく、広範囲、長時間の清掃が可能。
・労働力不足を背景に、不動産業者やホテル業者など施設を持つ事業者や、ビルメンテナンス業者、清掃業者では清掃作業の省力化のために業務用掃除ロボットを導入するケースが増加。
・大手企業による導入が先行しているが、低価格化が進むことで、中堅・中小企業にも導入が進むことが見込まれる。


 

 業務用掃除ロボットは、清掃する箇所を学習し自律動作する機能や、機器に搭載したカメラやセンサーで部屋の形状 や家具等を検知し、障害物を避けながら清掃する機能等を持ちます。家庭用掃除ロボットに比べ、広範囲の清掃や長時間の利用を想定し、筐体サイズや収集できるごみの容量が大きく頑丈であることが特徴です。

 無人で自律的に動作する掃除機は従来から研究・開発が行われてきましたが、バッテリー容量や性能、コスト等で課題があり、人が行う清掃に比べ優位性を示すことができなかったため、本格的な市場立ち上がりには至らない状態でし た。近年は、各種電子部材の性能向上・コスト低下、自律性能の向上などにより製品機能が高まっており、業務用掃除ロボットの需要が高まっています。2018年頃より参入企業が増加し、販売展開の活発化が進んでおり、2019年から本格的な市場の立ち上がり期に入っています。

 業務用掃除ロボットのユーザーは、不動産業者やホテル業者、流通業者、鉄道会社など、施設を持つ事業者やビルメンテナンス業者、清掃業者などが中心です。清掃員は深夜・早朝勤務があることなどから人材定着率が低く人手不足が常態化しており、業務用掃除ロボットの導入により人手不足解決を図る意向が高いです。ただし、清掃業者は中小企業が多く、新しい機器への抵抗感やコストがネックで導入が進まないケースもみられます。現状は新しい機器の導入意向が高い大手企業ユーザーによる導入が先行していますが、今後、導入事例の増加や、低価格化が進むことで、中堅・中 小規模のユーザーにも導入が進んでいくとみられます。

 本調査では、業務用掃除ロボットの市場規模を推計いたしました。本調査結果の詳細は、JMAR が提供するリサーチプラットフォーム MDB Digital Searchに同レポートを収録し、ご提供しております。

 

 MDB有望市場予測レポートシリーズは、今後、成長が期待できる有望・注目製品/サービス/市場について、MDBが独自取材を実施し、取りまとめたオリジナルレポートになります。MDB有望市場予測レポートの概要はこちらをご覧ください。MDB Digital Searchをご利用いただくとすべての有望市場予測レポートがご覧いただけます。
 

<レポートの構成(計5ページ)>

1. 調査対象市場定義

2. 主要参入企業一覧

3. 市場規模・予測

4. マーケットシェア/主要参入企業動向

5. 業界構造・ビジネスモデル

6. ユーザー動向
MDB Digital Search
提供サービス03
本レポート内容やMDBサービスについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

※会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。Gmail等、フリーアドレスは使用できません。

日中つながりやすい番号をご入力ください。

個人情報の取り扱いについて】
●利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
-閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-当社が運営管理するWebサイトにおける入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
-セッション管理のためのCookie情報
利用目的:
-当社のサービス、セミナーなどのイベント・キャンペーン、アンケートなどの情報提供とお問い合わせ対応に利用いたします。
-当社の製品サービスの案内について当社からの連絡やニュースレター配信等の営業活動のために利用いたします。

●個人情報の開示等
個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去又は第三者提供の停止を申し出ることができます。申請された場合は、申請者がご本人であることを確認させていただいた上で、迅速かつ的確に対応し、その結果を本人に通知致します。下記URLで提供している「開示対象個人情報」開示等請求申請書を用いるか、お問い合わせ窓口まで、お申し出ください。
URL: http://www.jmar.co.jp/policy/index.html

お問合せ窓口
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 個人情報相談窓口
TEL:03-3434-6282

●個人情報提供の任意性
フォームの各項目への入力は任意ですが、未入力の項目がある場合、お問い合わせへの回答ができない場合がございます。

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 管理本部長
TEL:03-3434-6282
アップロードしています。少々お待ちください。