catch-img

水素の市場規模は?市場動向の調べ方を徹底解説!


使用してもCO2を排出しないクリーンなエネルギーとして注目度が高まる水素。

水素はこれまで石油精製などの工業用途で利用されてきたましたが、脱炭素社会の実現に向け、燃料電池や水素発電など、エネルギー用途で水素の利用拡大を目指す動きが国内外で活発化しています。こうした盛り上がり受け、水素の今後の普及見通しや市場規模など最新の市場動向を把握するための情報収集を積極的にされている人も多いかと思います。

当コラムでは、そのようなビジネスパーソン向けに、水素に関する最新マーケット情報と、その収集方法について、解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.水素の市場規模
  2. 2.水素の市場動向の調べ方は?
    1. 2.1.インターネット上のオープン情報から調べる
    2. 2.2.官公庁統計、業界団体情報から調べる
      1. 2.2.1.官公庁・国際機関
      2. 2.2.2.業界団体
    3. 2.3.業界専門情報から調べる
      1. 2.3.1.専門業界誌・調査会社など
      2. 2.3.2.個別企業情報
    4. 2.4.市場調査会社に新たに調査を依頼する
  3. 3.水素市場を知るためのおすすめ情報源3選!
    1. 3.1.おすすめ情報源① 国内外の水素・燃料電池動向を把握!
    2. 3.2.おすすめ情報源② 水素関連市場レポートの王道
    3. 3.3.おすすめ情報源③ 水素サプライチェーンの特集記事
  4. 4.まとめ

水素の市場規模

まず、現状の水素市場がどのようになっているのか、国内の生産量を調べました。

経済産業省生産動態統計によると、2020年における水素の生産量は5億8,542万9,000m3でした。水素の利用用途は工業用とエネルギー用に大別され、現在は工業用がメインとなっています。


出所)2020年 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編 経済産業省

2020年は、2019年秋の消費増税を契機とした景気低迷に加え、2020年春ごろから新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、工業用途の需要の落ち込みが生じました。一方で、水素ステーションや水素エネルギー実証実験など、エネルギー用途では需要の伸長が見られました。

日本政府が2021年6月に公表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」では、今後の成長が期待される14の重点分野の一つとして「水素・アンモニア産業」が挙げられており、今後は燃料電池車(FCV)をはじめとするモビリティや水素発電などのエネルギー用途での水素の利用が拡大し、中長期的に市場の伸長が見込まれます。

国際エネルギー機関(IEA) では、世界の水素製造量は2050年までに2019年の約4倍の量まで拡大する予測をしています。


水素の市場動向の調べ方は?

次に、水素の市場動向や主要プレイヤー情報、今後の市場予測情報を、自分で収集する場合にどんな方法があるのか?について解説します。

水素のマーケット情報で重要な市場規模、企業シェア・予測等を調べる方法としては、①インターネット上のオープン情報から調べる、②統計情報から調べる、③専門業界情報から調べる、④市場調査会社に新規調査を依頼する、の4つの方法があります。

インターネット上のオープン情報から調べる

Googleなどのウェブブラウザで「水素 市場規模」、「水素 市場予測」などのキーワードで検索すると、多くの記事情報がヒットします。この記事情報を辿っていくと、市場調査レポートの発行元が発表しているプレスリリースや、国や業界団体、シンクタンクが発表している無料の調査報告書が見つかります。これらの情報を見ることで大きな潮流はどなたでも把握できると思います。

官公庁統計、業界団体情報から調べる

信頼できる情報源としては、第一に国の統計があげられます。その次に業界の企業が加盟している業界団体の情報です。該当の統計があれば、そこで市場規模の情報が入手できます。

インターネット等で、水素に関連する業界団体や関連の官公庁サイトを探し、統計情報があるかを確認、その中に水素の情報があるかを調べます。

官公庁・国際機関

先ほどご紹介した経済産業省の生産動態統計のほか、経済産業省の工業統計でも水素ガスの出荷数量や出荷金額が掲載されています。

また、経済産業省が設置した水素・燃料電池戦略協議会では、「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を策定し、燃料電池自動車や水素ステーションの普及目標を定めています。

業界団体

水素に関連する国内の業界団体としては、まず産業ガスに関する業界団体である日本産業・医療ガス協会が挙げられます。同協会では、日本国内における圧縮水素の出荷実績の推移を公表しています。また、水素のエネルギー利用に関わる業界団体も多数存在しおり、水素エネルギー協会、水素供給利用技術協会、水素バリューチェーン推進協議会のほか、燃料電池実用化推進協会があります。

世界規模の団体としては、水素協議会(Hydrogen Council)があります。水素協議会は2017年1月のダボス会議で発足した国際的な水素普及のための団体です。世界の大手自動車メーカーやエネルギー関連企業が多数参画しており、水素の動向に関するレポートや記事も公表しています。

​​​​​​​

    

業界専門情報から調べる

専門業界誌・調査会社など

エネルギーや工業についての専門業界紙誌で水素の情報を検索するという方法もあります。

「日刊工業新聞」や「化学工業日報」といった新聞、「環境ビジネス」や「新エネルギー新報」といった雑誌では、水素に関連する企業の取り組みや政策動向に関するニュースが見つかります。また、燃料電池・水素エネルギーに特化した「週刊燃料電池『Fuel Cell Weekly』」という資料もあります。

業界紙誌以外にも、調査会社が発刊する調査レポートもあります。

例えば、ガスレビューは産業ガスを専門とする調査会社です。同社が発行する「ガスジオラマ」では、水素、水素発生装置、水素ステーションに関するマーケット情報が掲載されています。

富士経済などの調査会社も水素に関連する調査レポートを発刊しています。市場規模や予測だけでなくマーケット情報全般が網羅的に把握できます。価格相場は1冊数万円~数十万円するものまでさまざまですが、その分野に特化して取りまとめられていますので、購入を検討されてもよいかもしれません。

個別企業情報

 話題になっている企業のサイトや、決算発表情報の内容を確認すると、有用な情報が記載されていることがあります。

例えば、岩谷産業が公表した「2021年度事業概況」では、日本国内の水素販売数量の推移が掲載されています。同社は液化水素の製造・運搬を日本国内で唯一行うなど、水素の国内トップサップライヤーです。同社の中期経営計画(2021年度~2023年度)ではテーマとして「水素エネルギー社会の実現にむけて」を掲げており、今後も日本の水素業界を牽引していくことが見込まれます。同社が公表するIR資料やニュースリリースを確認することは、水素市場の動向を把握するうえでも参考になるでしょう。


市場調査会社に新たに調査を依頼する

先にご紹介した方法で期待する情報にたどり着くことができなかった場合、また、情報量が多く、取りまとめることが難しい場合、市場調査会社に依頼をするという方法もあります。公開情報を幅広く集めて、整理・分析するということに加え、有益な情報を保有する業界関係者・有識者等を探索し、インタビューを通してオリジナルな情報を収集し報告する形式をとっており、より深い情報を取得したいといった場合に有効な手段になります。


▼市場調査にお困りならMDB   ⇒資料ダウンロードはこちら


水素市場を知るためのおすすめ情報源3選!

 弊社が運営するマーケティング・データ・バンク(MDB)でも、メンバー企業様から水素市場に関する調査相談を数多くいただいております。ここでは、弊社の情報コンサルタントが厳選した「水素」に関するおすすめ情報源を3つご紹介します!


おすすめ情報源① 国内外の水素・燃料電池動向を把握!

●令和2年度 エネルギー需給構造高度化対策に関する調査等事業(水素・燃料電池戦略ロードマップの進捗確認及び国内外における水素・燃料電池利活用状況調査) 報告書

https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2020FY/000252.pdf

国内外の水素・燃料電池業界の取り組み状況がまとめられたレポートです。国内における水素の潜在的な需要量やコストの試算、今後の導入拡大に向けた課題の整理等がされているほか、海外各国の水素関連政策や水素発電・燃料電池に関する動向が記載されています。


おすすめ情報源② 水素関連市場レポートの王道

●水素利用市場の将来展望 富士経済

富士経済が発刊している水素関連市場に関する調査レポートです。水素エネルギーと水素利用や水素輸送・供給で使用される関連設備・機器の市場の現状を分析しています。水素ガス、水素ステーションおよび関連機器、水素発生装置などの市場規模・予測等のほか、海外各国(米国、EU広域、ドイツ、フランス、英国、中国、韓国)の動向についても記載があります。


おすすめ情報源③ 水素サプライチェーンの特集記事

●週刊エコノミスト  急成長!水素 電池 アンモニア 2021.3.2

水素に関する特集が組まれています。水素の製造、貯蔵・運搬、利用というサプライチェーンごとに関連する技術の動向や課題、日本企業の取り組みが紹介されています。水素サプライチェーンの全体像と動向を理解するうえでわかりやすい資料です。

まとめ

 今回は、水素の市場動向の調べ方について解説しました。カーボンニュートラル実現にむけ水素の導入拡大に向けた取り組みが世界中で進められていますが、この分野は動向を把握するために多くの情報を見ていく必要があります。

 弊社マーケティング・データ・バンク(MDB)にも関連資料は豊富に取り揃えていますので、もっと詳しく調べたい方や、有益な情報源を知りたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。MDBメンバー企業の方はすぐに調査相談を承ることも可能です。


情報コンサルタントへ調査依頼をする(メンバー専用ページへ移動)



MDBサービス紹介資料を入手する

勤務先の都道府県を選択ください。

会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。Gmail等、フリーアドレスは使用できません。

日中つながりやすい番号をご入力ください。

個人情報の取り扱いについて】
●利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
-閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-当社が運営管理するWebサイトにおける入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
-セッション管理のためのCookie情報
利用目的:
-当社のサービス、セミナーなどのイベント・キャンペーン、アンケートなどの情報提供とお問い合わせ対応に利用いたします。
-当社の製品サービスの案内について当社からの連絡やニュースレター配信等の営業活動のために利用いたします。

●個人情報の開示等
個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去又は第三者提供の停止を申し出ることができます。申請された場合は、申請者がご本人であることを確認させていただいた上で、迅速かつ的確に対応し、その結果を本人に通知致します。下記URLで提供している「開示対象個人情報」開示等請求申請書を用いるか、お問い合わせ窓口まで、お申し出ください。
URL: http://www.jmar.co.jp/policy/index.html

お問合せ窓口
〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 個人情報相談窓口
TEL:03-3434-6282

●個人情報提供の任意性
フォームの各項目への入力は任意ですが、未入力の項目がある場合、お問い合わせへの回答ができない場合がございます。

〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
(株)日本能率協会総合研究所 管理本部長
TEL:03-3434-6282
アップロードしています。少々お待ちください。